• ホーム
  • 糖尿病により勃起不全になった場合は本物の薬で治そう

糖尿病により勃起不全になった場合は本物の薬で治そう

2019年11月12日

勃起不全(ED)は、様々なことが要因となってお起こりますが、心因性EDや器質性EDの他に、混合性EDというのが存在します。
これは、精神的な緊張やプレッシャーによって勃起不全になってしまう心因性と、何らかの病気によって引き起こされる器質性が両方混在している勃起不全です。
この混合性EDで最も多いのが糖尿病による勃起不全だと言われています。
現在日本では100万人以上の糖尿病による勃起不全の患者がいて、生活習慣の乱れや偏った食生活、運動不足などによって高血糖になっている状態が続き、年齢を重ねるごとにその人数は急増しています。
特に若い頃から高血糖気味になっていると血管が硬くなり海綿体に血液がうまく回らずに勃起しにくくなります。
糖尿病を改善するには、日頃の食生活の見直しや適度な運動などを心がけることが大切ですが、勃起不全は心臓などに持病がなければ精力剤のサプリメントなどで補うことができます。

サプリメントは薬と違い、劇的な変化ではなく体に緩やかな作用を与えていくものなので急激に回復するわけではありません。
しかし、不足しがちな栄養素をたくさん含んでいるものが多いので健康のためにも良いとされています。
ただ、そういった精力サプリメントを選ぶときは必ず本物を選ぶようにしましょう。
インターネットの通販などでも購入できますが、中にはきちんとメーカー名が記載されておらず、どこ国が作った製品なのかわからない怪しいものまで存在します。
購入の際は、メーカーや製造先、成分表などを確認して本物であるかどうか見極めましょう。
海外製のサプリもたくさん出回っておりますが、成分が強すぎて日本人の体質とは合わないこともあるので、初めて購入する際には国産メーカーのものを購入するのが良いでしょう。
また、通常よりも価格が安価なものは本物でない可能性もあるので、安いからといって安易に飛びつかないように気をつけましょう。