• ホーム
  • 勃起不全治療と薬の量に関する知識

勃起不全治療と薬の量に関する知識

2020年01月26日

男性が他人に相談しにくい病気として、勃起不全があります。
性に関する病気ですので、他人に馬鹿にされるのではないか、恥ずかしいなどの理由から、辛い思いをしている男性は全国各地にたくさんいます。

悩んでいてもどうにかなる病気ではありませんので、さっさと病院で検査を受けるのが、辛い悩みを克服する近道です。

専門性が高い病院でなくても、泌尿器科といった病院を受診すれば、多くの場合で勃起不全の治療を行ってくれます。
しかし、勃起不全の治療薬は保険適用外ですから、薬代が意外とかかることを覚悟しておいてください。

薬代は高いですが、効果は確かですから、男性としての自信を取り戻すことができるでしょう。

サプリメントと違い、成分量の多い医療用医薬品ですので、取り扱いには注意が必要です。
まず、薬の量に気をつけましょう。
勃起不全の治療薬には、5mgから50mgまでの錠剤が用意されています。
薬の種類によって量が違いますので、よく確認しましょう。
医師のアドバイス通りに、1日1錠だけ服用します。
たくさん服用しても効果が高まるわけではありませんので、必ず1錠だけにしましょう。
1回服用したら、24時間の間隔をあけてから、2回目を使うことが重要です。

薬の効き目は、薬の種類によって違います。
短いもので5時間、長いものだと36時間も持続します。
効き目については、服用のタイミングによっても変化します。
空腹時の服用が、最も効果的です。