• ホーム
  • 勃起不全改善には、禁煙と質の良い睡眠とストレス回避

勃起不全改善には、禁煙と質の良い睡眠とストレス回避

2019年07月26日
薬を飲む男性

勃起不全で性行為に問題がある状態なら、ED治療薬を服用して治療していく必要がありますが、薬物治療だけでは完治はできません。
なぜ勃起不全になったのか把握し、それに応じた対策をしていく必要があります。
クリニックで診断を受けると、生活習慣に関するアドバイスも受けることができます。
医療機関に行く前に自己治療を試したい方は、禁煙と質の良い睡眠とストレス回避を行ってください。

禁煙は確実に勃起不全を促すので、1日でも早く禁煙するべきです。
ニコチンは毛細血管を収縮させることが知られています。
末端まで血液が行き届かないと、当然ペニスにも影響が出てきます。
タバコが原因の血行不良を改善するには、禁煙する以外に方法はありません。
どんな高品質のサプリを服用しても、タバコの害を相殺することはできないのです。
サプリの服用よりも、禁煙のほうが勃起不全対策としてより効果的です。

質の良い睡眠は健康の基本であり、睡眠の乱れはそのまま不調につながります。
日中の眠気、仕事のミス、ストレス、勃起不全などを引き起こします。
人間の身体の機能は、睡眠をしっかりと確保した上で発揮されるのです。
睡眠不足は免疫低下、血行不良などを招き、生活習慣病のリスクも高めます。
元気な精子を作り続けるためにも、早寝早起きを徹底しましょう。

ストレスは心因性のEDを招くので注意が必要です。
EDは血行不良により引き起こされますが、ストレスが血行不良の引き金となるケースが多いです。
ストレスは慢性化すると、うつ病に促進してしまいます。
真面目な性格、妥協をするのが苦手、なんでも自分でやろうとする、などの条件に当てはまる方ほどストレスが溜まりやすく、心因的のEDになりやすいので注意しましょう。